暮らしカレッジ

fb
備前 - 暮らしカレッジ 受講者募集

2017.12.03 第5回目のカレッジが行われました!

12月3日、第5回、最後の備前暮らしカレッジは、日生の加子浦歴史文化館で行いました。


こんなところにこんな建物が!とみなさんびっくりされていました。加子浦歴史文化館には、日生の歴史や産業をテーマ毎に展示した資料館と、備前市出身の文芸作家を紹介した文芸館があり日生の資産家「筑前屋」(屋号)の家を移築した資料館は「海と人を活かす町」をメインテーマに、弁財船や打瀬船の模型・船具などがあります。ぜひ見に来て頂きたいおすすめの場所です。

そんな魅力的な場所で、最後、もう一度しっかりと自分と向き合うまとめの時間がはじまりました。

まずは、1回目からのわたし時間の振り返りを。ほとんどの人は1時間で50%の事を忘れ、1日で70%、1ヶ月で80%の事を忘れるという話を聞いて、半年前から始まったこのカレッジで考えてきたことを振り返るのは難しいのでは…?と思いましたが、きっと覚えていることが考えてきた中で大切なことなのかなとも感じました。

①私らしい価値観②強み・価値観・興味③興味(私の関心ポイント)と振り返り、まとめとして「わたしの未来」を考えました。未来と言っても、遠くない未来、3年後を目安に自分がどのようになっているのか具体的な言葉で「3年後の名刺」を作り、発表しました。


3年後をイメージするのは、簡単そうで難しいのですが、受講生の皆さん、今までのわたし時間でしっかり言葉にすることを学んできた成果もあり、具体的な言葉に出来ていてとてもすごいなと感じました。

 

大きな画用紙に、名刺を作っていきます。言葉だけではなく、絵でイメージを伝える方も。

 

発表していく中で、受講生同士でも今後一緒に出来る事を考えているのが分かり、ここにもひとつの繋がりが出来ていることをとてもうれしく感じました。

 

どの方の発表も、これからの未来にわくわくを感じる内容でした。そして、きっと実現されるのだろうと感じました。
最後の時間、みなさん名残惜しいようで、お話しの尽きない時間が流れていました。今後は、個別相談となります。実際に実現する為に、それぞれ必要なことを
個別に伺い、情報提供をしていきます。何時か、今回の受講生のこれからの活動も紹介できればと思っています。ぜひ、今後の活動にもご注目ください。

Latest Entries

Instagram

facebook

主催:備前市・備前市教育委員会 企画・運営:協同組合ニュートラルプラン

お問い合わせ先:備前市教育部社会教育課 
TEL 0869-64-1841 FAX 0869-64-4285

pagetop