暮らしカレッジ

fb
備前 - 暮らしカレッジ 受講者募集

2017.10.01 第3回目のカレッジが行われました!

10月1日、第3回目のカレッジが備前市香登の鷹取醤油を舞台に行われました。午前中の講義は、醤油蔵に繋がる土間で。鷹取醤油の歴史を感じる場所からスタートです。まずは「わたし時間④:未来の足がかりを探す」です。

「外的キャリアと内的キャリア」というお話しから入った、今日のわたし時間。どんな職業か、どんな場所にあるかなど、外からみて分かる事が「外的キャリア」と言われ、働きかたや生きがいなど自分の内側にある部分が「内的キャリア」にあたるそうです。仕事への満足感などは、この内的キャリアが深く関わってくるとのことで、今回は皆さん、自分がどんなことに興味や楽しみややりがいを感じるのか、考えてみる時間になりました。

 

受講生の皆さん、結果が意外に思う部分もあったりして、思ってもいなかった自分が少し見えたようでした。ここから、自分のやりたい事、どのようになりたいのか…次回の「未来をつくる」に繋がっていきます。

 

 

土間での講義を終えた後は、燕来庵へ移動して、鷹取醤油代表鷹取社長と久保さんによる、インタビュートーク2の時間に。鷹取社長がどのように家業を継ぐことを決意したのか、醤油だけではなく、調味料を作ったきっかけや、いい仕事とは何か?仕事を考えるうえでとても参考になるお話が聞けました。

 

その後は、某テレビ局の人気番組でも取り上げられた、鷹取社長のまかないごはん(再現)でデモンストレーション型の昼食に。実際に鷹取醤油の調味料を使った昼食をいただきながら、商品についてのお話を伺いました。どれも、使う人のことや食べる人のことを考えて作られているのが良くわかりました。

後半は、エアープラス代表久保さんによる、「わたし時間⑤:プロモーション」の講義でした。先の鷹取社長のお話しやエアープラスの実例を見ながら、仕事における「思考・行動・結果・関係」という繋がりを具体的に見ていきました。そこから、ではプロモーションとはどういうことなのか?と展開。受講者の皆さんも興味深かったようで、しっかり聞かれていました。

 

最後の質疑応答でも、今日一日の講義で考えたことなど、活発な意見交換が行われて、今回もとても充実した一日になりました。

 

第4回目は、備前時間④「備前焼を学ぶ・使う」で、備前焼の一陽窯から、木村肇さんと木村敦子さんを講師に迎えます。わたし時間⑥は久保さんによる、今回のプロモーションから展開したプロモーションワークが行われます。

Latest Entries

Instagram

facebook

主催:備前市・備前市教育委員会 企画・運営:協同組合ニュートラルプラン

お問い合わせ先:備前市教育委員会生涯学習課 
TEL 0869-64-1841 FAX 0869-64-4285

pagetop