暮らしカレッジ

fb
備前 - 暮らしカレッジ 受講者募集
  • 人 口
    35,915人
  • 世帯数
    15,870世帯

(11月末現在)

※備前市HPより

  • 八塔寺
  • みなとの見える丘公園

備前市概要

備前市(びぜんし)は、岡山県南東部にある市。東部は兵庫県に隣接する。
備前焼と耐火煉瓦と漁業の町である。
市の中心部は片上(かたかみ)地区で、ここに行政の中心がある。
また、伊部地区に備前焼の作家・陶芸店が集中している。

※wikipediaより

  • 三石のレンガ橋
  • 日生諸島

地理

瀬戸内海に面し海岸線が入り組んでおり瀬戸内海国立公園の一部を成す。また、市の中心地・片上地区に片上湾が入り込んでいる。南東部、日生(ひなせ)地区には島嶼が点在する。全体的には平坦な場所が少なく丘陵地帯を成し、北東部の吉永地区は標高300〜500mの高原地帯となっている。市の南西端が岡山平野の最東端に当たり僅かに平野が開け、最西端を吉井川が北から南へと流れている。鉄分を含んだ良質の粘土を産し、昔から製陶が盛んであった。また、三石地区・吉永地区では蝋石の採掘も盛んである。

※wikipediaより

  • みかん
  • 五味の市
  • カキオコ

主な産業

備前焼の産地として知られる。市内で数多く見受けられる煉瓦造りの四角い煙突は備前焼の窯のものである。市の基幹産業は三石地区などでの耐火煉瓦である。また、他に活性炭工場(クラレケミカル)がある。日生地区では漁業が盛んであり、「日生」は「下津井」と並んで岡山県における魚介のブランドである。特にカキの養殖漁業が行われており、大粒で人気が高い。近年このカキを使ったお好み焼きカキオコで町おこしを図っている。

※wikipediaより

備前の名所・名物

備前焼

備前焼

備前焼は、日本六古窯のひとつに数えられ、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって七?十昼夜かけてじっくり焼き締めた硬質の器(せっき)が備前焼です。一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。

※陶友会HPより

閑谷学校

閑谷学校

寛文十年(1670)、岡山藩主池田光政は日本ではじめてとなる「庶民のための学校」を創建しました。 その谷深き地の学校は閑谷学校と名付けられ、明治、大正、昭和とさまざまな分野で、 現在の日本の歴史をかたち作る有能なリーダー達を輩出してきました。 「庶民教育の殿堂」としてその後、その思いは、340 年経った今も、現存しています。

※閑谷学校HPより

日生牡蠣

日生牡蠣

岡山県は、牡蠣の生産量全国第2位を誇ります。中でも「里海」として注目を浴びている備前市日生(ひなせ)は、県内トップの牡蠣の水揚げで知られています。 「日生かき」は、栄養豊かな海で育てられるため、通常2〜3年かかるところが1年で大きくなり、色白で臭みがなく、プリプリして加熱しても身が縮まないのが特長です。シーズンになると、日生エリアの料理店や旅館では、カキ料理が提供され、お好み焼き店では、ご当地グルメ「日生カキオコ」も大人気です。ぜひ日生に足を運んでいただき旬の新鮮なカキをたっぷり味わってください!

※おかやま旅ネットより

Instagram

facebook

主催:備前市・備前市教育委員会 企画・運営:協同組合ニュートラルプラン

お問い合わせ先:備前市教育委員会生涯学習課 
TEL 0869-64-1841 FAX 0869-64-4285

pagetop